家を手放す時

長期戦を覚悟する

売るタイミング

家を高く売る事に重点を置くなら長期戦は覚悟しなければいけません。

早く売りたい場合購入希望者が出てきたら、多少相場よりも安い価格であっても
妥協して売らなければいけません。

しかし長期戦を覚悟するなら例え相手が買う意思があっても
希望価格で買うつもりが無いならと突っぱねることができます。

早く売れなくなりますが、高い価格で納得してくれる人を待てるのが長期戦の強みです。

ただ、住み替えのために一時的に賃貸物件に暮らしている場合はこの方法はおすすめしません。
長期になればなるほど、無駄な賃料にコストがかかるからです。

長く住んでいる場所

今物件に暮らしている状態で売る場合にはいい方法です。
長期的に売り出しをしていると不動産屋は早く決断するように
言ってくることもありますが、焦る事は有りません。

不動産屋は早く収益を確定させたいと思うものですが
こちらに急ぐ理由が無いなら慌てて売らないようにしましょう。

そもそもせかすような業者ではなく自分のために尽くしてくれる
スタッフのいる業者に仲介してもらいましょう。

暮らしながら売るならキチンと自宅の管理ができますし
知らない間に草がボーボーになることもありません。

根気が必要

ただ家というものはあまり古くなると価値が下がります。
特にマンションの場合は土地は自分のところで占有していませんので
経年による相場の値下がりが大きくなります。

ですので家を高く売るために長期を覚悟する場合でも
少なくとも一年以内には売るようにしてください。