家を手放す時

基本的な知識を身につける

売るタイミング

家を売却しようと思ったときは、できるだけ高く売りたいと考えるのは当たり前です。
住宅ローンの残債があったり、どうしてもお金が必要なときはなおさらです。

しかし、それはあくまで売り手の事情であって買い手には関係ないことです。
買い手は相場を基準にして価格を比較し購入します。

お勧めポイント

では、相場より家を高く売るためにはどうすれば良いのでしょうか。

家を売却するときに初めにすべきことは不動産会社に査定してもらうことです。
複数の会社に査定を依頼すると査定額に開きがあることがわかるでしょう。

このとき査定額だけで判断するのではなく、なぜその査定額になったのかを
それぞれの会社に聞いてみることが大切です。

価値を知る

なんとか仲介を任されたいと、特別な理由もなく高めの査定額を出してくる会社もあります。
また、その価格が付けられたポイントを聞き出すことで、自分には見えていなかった
強みを発見することもできます。

一方、買い手は相場を重視します。売り手が3000万円で売りたいと思っても
周辺では2500万円程度で売り出している家が多ければ見向きもされません。

ですから売り手も周辺で売り出されている家の価格を知識として身に付けておくことが重要です。

街の不動産会社のウインドウを見て成約済みの物件があればそれが売れる価格の指標にもなります。
その上でその価格より少しでも家を高く売るためにアピールポイントを探し出しましょう。

日当たり、眺望、利便性などの強みをアピールすることで相場より高い価格で売ることができます。