家を手放す時

不動産売買の繁忙期

売るタイミング

相場よりも家を高く売りたいならタイミングが重要です。
買い手があまりいない時期に売っても注目されにくいため
相場よりも低い価格で売却する羽目になります。

勿論今すぐに売らなくてもいい、長期戦になっても
いいと言うならいつでも相場より家を高く売ることが
できますが、できるだけ早く売りたいなら
繁忙期に売ることをおすすめします。

不動産屋が一番繁忙するのは9月から10月、1月から
3月の時期になります。

新しい時期

1月から3月はちょうど新学期や新しい年度の
時期ですので家を買いたい人が増えます。

9月から10月も実は転勤の多い時期ですので
売却を考えるのにはいいでしょう。

しかしこの時期に売却計画を立て始めるわけではありません。

実際にはそれよりも2か月くらい前には計画を
立てておいてください。

仲介してもらう不動産会社の比較をするのに
時間がかかるからです。

家を高く売るかどうかの重要なポイントは
不動産屋にあります。

一生懸命家を売ってくれるかそうでないかによって
相場が変わってくるからです。

計画を立てる

また取引手数料実質的に自分の手に入るお金に
影響するのでできるだけ手数料の少ない会社を
選ばなければいけません。

新たに家を購入する場合はそちらの計画にも
時間を割くのでさらに前から計画を立てておいた
ほうがいいでしょう。

繁忙期を過ぎたら不利になるのかというと
そうとも限りません。

閑散期は売り手も少ないのでライバルもあまりいないからです。

売れない時期だからと弱気にならず強気で売却しましょう。