家を手放す時

値引き交渉

売るタイミング自分の所有している家を高く売りたいのは当然の心理ですが
買う方も少しでも安く買いたいと思っています。

買い手と売り手とでは利害は一致しませんが少しでも
相場よりも売りたいならコツがあります。

それは自分の希望価格よりも少し高めに価格設定することです。

高い価格設定をすると買い手がつかないのではと
心配されるかもしれませんが、大体中古物件を買う人は
値引きをしてきますので心配いりません。

家を売る方の多く値引きされることを前提に
高い価格を付けていますし、不動産業界では常識なのです。

手に入れる

たまたま値引きされなければラッキーですし
値切られた場合も交渉の仕方によっては
希望価格よりも家を高く売ることができます。

まず値切りをされた時はすぐに限界価格まで
値切ってはいけません。
数十万単位で安くしてあげましょう。

勿論それでは相手ももっと安くしろと言ってきますが
その場合はまた少し安くしてあげてください。

しかしこの時もうこれが限界だと言うようにしましょう。
この時の価格が相場とそう変わらないくらいなら
相手も納得してくれるはずです。

個々に違う

これでもまだごねる場合は無理と突っぱねるしかありません。
他の購入者を見つけてください。

もしも相手が絶対に買うと意思表示を見せてきた上で
ほんの少しだけ安くしてほしいと言えば対応してもいいでしょう。

ただ今すぐに家を売りたいわけでない場合は突っぱねてください。

家を高く売るのは心理戦です。
どうしても早く売りたい場合でなければ限界価格は
絶対に死守しましょう。