家を手放す時

家の相場や土地の相場

売るタイミング

焦点を当てて考える

家を売ろうとしている人の多くは、出来るだけ高く売りたいと思っているはずです。
しかし、自身の希望する売値が、周辺の家に比べて明らかに高値である場合
よほど魅力的な家でなければ売れるということはないでしょう。

売れない期間が長く続くと、値下げせざるを得なくなってしまいます。

そこで、家を高く売る時には、周辺の不動産の売却価格の相場を
しっかりと把握しておくようにしましょう。

この時、買い手が考える価格と売り手が考える価格には、差があるということも知っておくべきです。

家を高く売りたいと思うがゆえに、売り手は相場よりも高く見積もってしまう傾向にあります。
一方の買い手は売りてとは逆に、出来るだけ安く買いたいという希望を持っていますので
値引き交渉をすることがあります。

家や土地などの不動産は少しだけ価格を下げただけで、これまでのことが
嘘のようにあっという間に買い手がつくという事があります。

準備を進める

売りたい家がなかなか売れず、興味を持ってくれていた人が他の物件を購入し、
結局想定していたよりも安く手放す羽目になったという事にならないためにも
家を高く売るということだけに固執せずに、売れる価格で売るということを意識すると良いでしょう。

なお、家を売ると一口に言っても、その方法は様々です。
自身の希望を不動産会社に伝えた上で、最適な契約方法を選択することをおすすめします。

相場については、インターネットの一括査定サービスを利用したり、
周辺の似たような物件の売却額を参考にすると良いでしょう。