家を手放す時

業者選びのポイント

売るタイミング

家を高く売るのが難しい理由として、まず業者選びの難しさがあります。
最初は複数の業者に見積もり依頼をしますが、提示された価格で
売れるわけではない点が課題となります。

業者によっては選ばれたいために高めの金額を提示する場合があります。

一歩で営業力に自信がある業者も強気な金額を提示します。
けれどもいずれの場合も過去の周辺でも取引事例を参考にしています。

そしてその実際の問引き事例というものは一般のユーザーには分かりません。

そのために根拠のある金額か否かが分からないというわけです。
次に売却の時期も高く売ることができるかどうかに影響します。

家の売買は需給関係によって金額も左右されます。
例えば年度末の引っ越しシーズンとなれば物件が多く動きますが、
引っ越しが決まっている購入希望者も多いことから
強気の金額設定も可能となります。

タイミングを計る

けれども逆に夏場では不動産相場は動かなくなり、
家を高く売ることは難しくなります。

このようにタイミングを計るという点でも思うような価格で
売れるかどうかを難しくしています。

複数の要素が絡むことで家の売却は高く売ることが
できるかどうかが影響されます。

その中でまずは、どのような業者に依頼すれば良いのかを
知っておく必要があります。

難しい

まず周辺環境に詳しいことは必要です。
どのような業者もネットを使って売却できますが、
買い手にどのようなアピールができるかは、
周辺環境に関する情報量が影響するわけです。