家を手放す時

物を整理する

売るタイミング

転勤や引っ越しなどで住んでいる家を突然売ることになった。
または、今まで親が住んでいた家を突然処分することになった。

そんな場合は結構有りますが、できるだけ高く売るように
したいと考えます。

しかし、そのときに、困るのは家の中の家具や机などの物です。

まだ物があるときはどうしたら良いのでしょうか?
結論からすると、物があっても欲しいという人がいれば家は売れます。

なぜなら、家は建物の価値だけでなく、場所や広さという
要素も魅力になるからです。

魅力的に映る

しかし、物がそのままの場合は、買い手に整理を任せる
形になって、そのものの処分にかかる費用を売値から
引く形で取り引きされます。

つまり、その分安くされてしまいます。
そして、それよりももっと大きな問題は、売り手は
物があるという引け目を感じているために自信を持って
交渉に応じることができなくなります。

家の売値

すると、やはり売値が下がってしまいます。
つまり、高く売ることが難しくなります。

そこで、一番良いのは、不用品の買取業者に任せることです。
もしかすると家具などが意外な価格で売れることもあり、
その上で、すっきりとして広く見せることかできます。

さらにきちんと掃除をしておけば、買い手からすると、
「こんな綺麗なら住んでみたい」と価値を感じてもらい
高く売ることができます。

そのため、高く売るつもりなら、出来る限り物を
整理したほうが得です。

余計な家具や不用品は素早く処分するに限ります。
ただし、エアコンなどは必ずしも撤去するとは決まっていません。