家を手放す時

不動産会社の選び方

売るタイミング家を高く売る際に不動産会社を選ぶことで、何もしないで
売るよりもかなり高く売ることが出来る可能性があります。

信頼性が高い

まずは信頼できるところを探すことが大切です。

そのため、不動産業をするためには、免許が必要となります。
その免許を注目してみると、免許番号の中にある
カッコ内の数字があります。

この数字は、宅建業免許を更新する事に増えていき、
更新は1996年の4月1日以前だと3年ごとで、
それ以降は5年ごととなります。

探し方

そのため、長く営業しているところは経験が豊富で
信頼感があり、安定して経営しているともいえるため
数字が大きくなればそれだけ信頼感が高いという
ことができます。

次に、家を高く売るにあたって、それそれの企業によっても
得意分野があるため、全て大手に任せればよいというわけ
ではありません。

大手は情報量は多く、物件の情報が広い範囲で流すことが
できますが、中小仲介業者の場合は、地域密着のため、
その地域に詳しいので、このエリアで探したいという
顧客を探すのが得意となります。

家を高く売るためには、物件の条件によって異なります。
会社によって、賃貸が得意であったり、一戸建てが
得意であったりする場合があるので、家を高く売りたい
という場合には、家に強いという業者を探せば
高く売ることができます。

家を高く売るためには、面倒でも、しっかりと
大手から中小仲介業者をそれぞれいくつか見積もりを
取ってもらうことが大切です。

最後に、不動産には、一括査定という方法もあります。
先にいくつかの業者に査定をしてもらった方が良いと
述べましたが、一括査定なら複数の業者の中から
数社への査定依頼をすることができるため、数社の
査定額を比較することができるので、家を高く売ることが
できる業者をいち早く見つけることができます。